14.対 クリニック

在宅医療領域におけるオンライン薬剤師活用(第1期協力医療機関募集について)

オンライン薬剤師活用における協力医療機関を募集します(第1期募集)

背景

患者の為に、そう思いながら働く全ての医療従事者を楽にしたい。多くの業種が連携することでそちらを解決する方法があると信じています。

当社では、その連携手段としてインターネット上に医療現場がある未来、それでいて複雑でない取り組みやすい手段として薬剤師が存在します。

それがオンライン薬剤師です。この解決方法を1度活用してみませんか。

実施概要


オンライン薬剤師についてはこちらから



【利用準備の流れ】
下記お問い合わせからお問い合わせください。
チャットアプリを利用します。医師はいつもご利用されているチャットアプリを利用できます。
電子カルテを閲覧・編集できるアカウントをオンライン薬剤師用で発行をお願い致します。

【オンライン往診同行の流れ】
準備完了後、訪問診療を行う医師にオンラインで薬剤師が往診同行を行います。

【お問い合わせ後の流れ】
⑴メールフォームからのお問い合わせ送信

⑵弊社からご返信を送ります。ご説明の打ち合わせ会議の日程調整をします。(直接もしくはZOOM)

⑶準備の流れに移ります。

⑷実際にオンライン薬剤師の活用を行います。

⑸3ヶ月実施して、活用前と後で変化のレポートを作成します。(残業時間・コスト負担・売り上げ増加

⑹ ⑸のご協力をいただけますと、費用の1患者様当たりの月額管理利用料の割引しご返金致します。


【期間】3ヶ月〜そのまま継続可能(その際、3ヶ月分はレポート協力で割引が発生します。)
【費用】1患者様当たり月額管理利用料がかかります。導入初期費用負担は頂きません。詳しくはお問い合わせください。
【特典】地域のDX担当をしている代表取締役がインターネット時代になったことでのお困りごとのサポートも行います。


<<参考>>オンライン薬剤師の活用動画

募集要項

【医療機関種別】在宅医療を提供する医療機関であること。(但し在宅支援診療所等である必要はありません。)

【設備】クラウド型電子カルテ導入済みである医療機関(どこからでもカルテの閲覧ができる環境があること)

【募集医療機関数】 若干数
医療機関御名
お名前(漢字)
お名前(ヨミガナ)
ご希望の連絡方法
ご連絡先(電話番号)*電話のご希望の場合
ご連絡可能の時間帯(電話希望の場合)
ご質問・ご要望等

※は必須項目